HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
国際日本研究選考とは
HOME > 国際日本研究専攻とは > ニュースレター・アーカイブ > 第2回日独国際会議・少子高齢社会と家族のための総合政策ワークショップ(筑波大学)公開シンポジウム(東京)2008年11月13日〜15日
ニュースレター・アーカイブ

第2回日独国際会議・少子高齢社会と家族のための総合政策ワークショップ(筑波大学)公開シンポジウム(東京)2008年11月13日〜15日 2008年11月11日 21:30 tsukuba  | 個別ページ

第2回日独国際会議・少子高齢社会と家族のための総合政策
I ワークショップ(筑波大学)
日程:2008年11月13日(木)・14日(金)
場所:筑波大学総合研究棟A
   (つくばエクスプレス・つくば駅から筑波大学循環バスまたは筑波大学中央行きバス乗車、筑波大学中央バス停下車すぐ)
(1)家族政策と経済政策:総合研究棟A107(11月13日13:00?18:30)
 
12:30       受付
13:00~13:15 開会の挨拶:坪井美樹(筑波大学人文社会科学研究科長)
          佐藤宏美(ベルリン日独センター副事務総長)
13:15~13:45 経済政策としての家族政策
          ウタ・マイヤー=グレーヴェ(ギーセン大学教授)
13:45~14:15 家族に優しい企業?ドイツにおける仕事と家族?
           ウーテ・リスク(ローラント・ベルガー・コンサルタント会社アソシエイト、企業プロジェクト「家族・成功の要因」リーダー)
14:15~14:45 質疑応答
14:45~15:30 日本企業における仕事と家族の調整政策?ドイツ企業との比較を念頭に
          田中洋子(筑波大学人文社会科学研究科准教授)
15:30~16:00 質疑応答
16:00~16:15 休憩
16:15~16:45 両親手当導入後の最初の効果
          エーファ・マリア・ホーネルライン(マックスプランク国際社会保障法研究所学術研究員)
16:45~17:15 日本企業における行動計画の最初の効果
          山極清子(資生堂人事部)
17:15~18:15 質疑応答と総括
 
(2)  家族政策と市民社会政策:総合研究棟A107(11月14日9:30?17:30)
 
 9:00       受付
9:30~ 10:05 市民社会政策としての家族政策
          ベルント・バロン・フォン・マイデル(マックスプランク国際社会法研究所前所長)
10:05~10:35 ドイツにおける「家族のための地域同盟」
          ヤン・シュレーダー(ヤン・シュレーダー・コンサルタント会社代表、地域同盟サービスビューロー所長)
10:35~11:05  質疑応答
11:05~11:35  「こども未来財団」の活動を通してみる日本の子育て支援の現状
           前中寛之(こども未来財団調査研究部長)
11:35~12:05  日本の保育施策と地域子育て支援
          増田雅暢(上智大学総合人間科学部教授・前内閣府少子化担当参事官)
12:05~12:35 質疑応答
14:05~14:35 人口構造と地方都市:札幌市とフライブルク市のマクロ社会学的比較
          原 俊彦(札幌市立大学デザイン学部教授)
14:35~15:05 質疑応答
15:05~15:15  2日間の報告全体へのコメント
          ジェフ・ファン・ランゲンドンク(ベルギー・カトリック・ルーバン大学名誉教授)
15:15~17:20 2日間の議論の総括と議論 座長:本澤巳代子(筑波大学人文社会科学研究科教授)
17:20~17:30 総括と閉会の挨拶:ベルント・フォン・マイデル(マックスプランク国際社会法研究所前所長)
 

II 公開シンポジウム(東京)
日程:11月15日(土)
場所:東京「女性と仕事の未来館」4階ホール13:00?16:30
(JR田町駅徒歩下車三田口徒歩3分、地下鉄三田駅A1出口徒歩1分)
主催:筑波大学、ベルリン日独センター
後援:ドイツ大使館、内閣府、厚生労働省、つくば市、読売新聞、日本ドイツ学会、日本家族<社会と法>学会、日本社会保障法学会
協力:サントリー文化財団、日独文化センター、マックスプランク国際社会法研究所
12:30       受付
13:00~13:10  開会挨拶:波多野澄雄(筑波大学副学長、
男女共同参画推進委員会委員長)
13:10~13:15  来賓挨拶:マーティン・ポール(ドイツ大使館労働・保健担当参事官)
13:15~13:20  シンポジウムの趣旨説明 本澤巳代子(筑波大学教授)
13:20~13:50  基調講演1・ドイツにおける家族政策とその成果
           ウタ・マイヤー=グレーヴェ(ギーセン大学教授、ドイツ連邦議会第7家族報告書委員会委員、連邦議会第1男女平等報告書委員会委員)
13:50~14:20  基調講演2・日本における家族支援政策とその成果
           定塚由美子(厚生労働省雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課長)
14:20~14:40  経済政策としての家族政策?「家族・成功の要因」プロジェクト?
           ウーテ・リスク(ローラント・ベルガー・コンサルタント会社アソシエイト、企業プロジェクト「家族・成功の要因」リーダー)
14:40~15:00  市民社会政策としての「家族のための地域同盟」
           ヤン・シュレーダー(ヤン・シュレーダー・コンサルタント会社代表、家族のための地域同盟サービスビューロー所長)
15:00~15:15  休憩
15:15~15:20  家族のための総合政策に関する提言の紹介 本澤巳代子(筑波大学教授)
15:20~16:15  提言に関するパネル・ディスカッション
姫岡とし子(座長:筑波大学教授、男女共同参画推進室長兼務)
ベルント・フォン・マイデル(マックスプランク国際社会法研究所前所長)、ヤン・シュレーダー、ウーテ・リスク、エーファ・ホーネルライン(マックスプランク国際社会法研究所研究員)、原俊彦(札幌市立大学教授)、田中洋子(筑波大学准教授)
16:15~16:25 シンポジウム総括:ベルント・フォン・マイデル(マックスプランク国際社会法研究所前所長)
16:25~16:30 主催者閉会の挨拶:佐藤宏美(ベルリン日独センター副事務総長)

カテゴリ: ニュースレター・アーカイブ


最近の記事

2016/11/08 韓国の3大学(仁荷大学校、韓国外国語大学校、高麗大学校)と指定校推薦制度の覚書の署名式を行いました
2016/04/25 Applications for the July entrance examinations (PhD. program).
2016/04/25 7月期入試の募集要項が公開されました(博士後期課程)
2016/04/06 指定校推薦の募集要項
2016/03/07  紀要:国際日本研究 第8号
2016/03/07  Journal of International and Advanced Japanese Studies Volume 8 has been published
2015/09/03 国際日本研究専攻博士前期10月期入試に関わる要項の一部訂正について
2015/07/14 Call for Papers Journal of International and Advanced Japanese Studies No. 8 紀要:国際日本研究 第8号
2015/04/08 Journal of International and Advanced Japanese Studies Volume 7 has been published
2015/04/08 紀要:国際日本研究 第7号 (2015年3月)