HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
国際日本研究選考とは
HOME > 国際日本研究専攻とは > ニュースレター・アーカイブ > 国際日本研究専攻2017年秋オリエンテーション挨拶
ニュースレター・アーカイブ

国際日本研究専攻2017年秋オリエンテーション挨拶 2017年9月30日 08:51 tsukuba  | 個別ページ

国際日本研究攻2017年秋オリエンテーション挨拶

平山 朝治

 

みなさん、筑波大学ご入学おめでとうございます。

国際日本研究専攻前期課程専攻長の平山朝治と申します。

私たちの専攻にみなさんを迎えることができて、たいへん嬉しく思います。

Congratulations on your admission to the University of Tsukuba.

My name is Asaji Hirayama, director of Master's Program in International and Advanced Studies.

We are very pleased to welcome you to our programs.

 

150年前、日本は大きな変革を経験しました。御所のある京都に近い大阪の開市とその近くの兵庫(神戸)の開港が慶応3524日(1867626日)に勅許されて、慶応3127日(グレゴリオ暦186811日)に開市・開港が実現しました。その直後の129日に王政復古の政変、明治元年13日(1868128日)に戊辰戦争が起こり、徳川体制が崩壊して明治維新が実現しました。

150 years ago, Japan experienced major reforms. Opening city of Osaka close to Kyoto with the Imperial Palace and opening port of Hyogo (Kobe) nearby were imperially permitted on 24 May Keio 3 (26 June 1867 of Gregorian Calendar), and the openings were realized on 7 December Keio 3 (1 January 1868). Immediately after them, the Restoration of Imperial Rule (coup d'état against Tokugawa regime) occurred on 9 December and Boshin Civil War broke out on 3 January Meiji 1 (28 January 1868). Thus, the Tokugawa regime collapsed and the Meiji Restoration came true.

 

江戸時代の日本のシステムは、京都の天皇を中心とし、江戸の将軍(対外呼称は大君)が実権を握る、日本型華夷秩序であり、将軍の正式名称は征夷大将軍で、夷狄から天皇を守ることがその本務でした。幕末の尊皇攘夷思想はその枠組のもとで、西洋列強に対抗しようとしたものでした。しかし、大阪神戸開市開港は華夷秩序を最終的に破壊し、幕府は正統性を失い、上で述べた政変や内乱を経て日本は近代国家へと生まれ変わりました。

The Japanese system in the Edo period was Japanese style Ka-I (Hua-Yi in Modern Mandarin) order (that is, Japanese-barbarian dichotomous order). It was centered on the Emperor of Kyoto, whereas the Taikun (domestically the Shogun) of Edo holding the real power. The official name of the Taikun was Sei-i Taishōgun, which means Commander-in-Chief of the Expeditionary Force Against the Barbarians. It was the authority of the shogunate to protect the Emperor from the barbarians. The idea of Sonnō jōi (Revere the Emperor, expel the barbarians) at the end of the Tokugawa period was based on that framework and tried to counter the Western powers. However, the opening of Osaka and Kobe destroyed Ka-I order conclusively, Shogunate lost legitimacy and Japan was reborn as a modern state.

 

明治元年314日(186846日)の明治天皇による五箇条の御誓文には、広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ(第一条)」とあり、立憲民主主義への道はここにはじまりました。

In the Oath of Five Articles by Emperor Meiji on 14 March Meiji 1 (6 April 1868), we find Article 1 as below. "Deliberative assemblies shall be established on a broad basis and all measures of government decided in accordance with public opinion." quoted in Imperial Rescript Renouncing Divinity, 1 Jan 1946A road to constitutional democracy started here.

 

第四条では、天地の公道(すなわち、国際法のみならず、普遍的な宇宙の摂理に基づく人間性)に基づくべきこと、第五条では智識を世界に求めることによる国の発展が誓われており、華夷秩序に代わる普遍的な考え方が示されています。

Article 4 pledges that Japan should be founded on public law of heaven and earth (that is, not only international law, but also humanity based on universal providence), Article 5 promises the development of the country by seeking knowledges in the world, and they show a universal way of thinking to replace the Ka-i order.

 

御誓文の後、日本は、必ずしもそれに忠実であったとは言えず、軍部ファシズムのもとでのアジア太平洋戦争はそれからの大きな逸脱でした。

After the Oath Japan was not necessarily faithful to it, and the Asia-Pacific War under military fascism was a big deviation from it.

 

今日の日本は、明治150年を機に、御誓文の現代的意義を改めて確認し、国内的には民主主義を維持・深化させつつ、普遍的な考え方に基づいて世界の平和や発展のために尽くす決意を新たにしなければならないと思います。

Today's Japanese, as of Meiji 150, should reconfirm the contemporary meaning of the Oath, renew our determination to maintain and deepen constitutional democracy domestically and to do our best for peace and development of the world based on a universal way of thinking.

 

さまざまな国から集まったみなさんとともに学ぶなかで、そのために貢献することを、切に希望しております。

In learning with you gathered from various countries, I'd like to contribute to these ideals.

 

 (2017/09/29)

2017fall greeting.pdf

カテゴリ: ニュースレター・アーカイブ


最近の記事

2017/09/30 国際日本研究専攻2017年秋オリエンテーション挨拶
2017/08/23 Web 出願
2017/05/10 新入生歓迎会2017年5月10日
2017/03/22 平成29年(2017年)度国際日本研究専攻指定校推薦入試要項について
2016/12/28 韓国釜山大学校日語日文学科との署名式(2016年12月15日 於釜山大学校)
2016/11/08 韓国の3大学(仁荷大学校、韓国外国語大学校、高麗大学校)と指定校推薦制度の覚書の署名式を行いました
2016/04/25 Applications for the July entrance examinations (PhD. program).
2016/04/25 7月期入試の募集要項が公開されました(博士後期課程)
2016/04/06 指定校推薦の募集要項
2016/03/07  紀要:国際日本研究 第8号