HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
国際日本研究専攻とは
HOME > 国際日本研究専攻とは > 国際日本社会科学プログラム - 後期
国際日本社会科学プログラム - 後期

国際日本社会科学プログラム - 後期

目標
グローバル化する社会の中で、国際的・比較的な視野のもとに、現代日本について社会科学分野からその特質を解明し、その成果を広く国内・海外に発信できる能力を有し、社会科学分野の専門的学識を備え、世界で活躍する教育者・研究者と高度専門職業人の養成を目的とする。政治、国際政治、経済、法律、教育等の社会科学の視点から、現代日本の実像と特質を解明する能力を養う。

学位:博士(社会科学)

後期課程
1) 国際水準の学術誌等へ投稿し受理される論文作成能力
2) 国際学術誌に採用されうる論文を執筆できる語学能力
3) 国際学会等で通用する外国語及び日本語での学術コミュニケーション・プレゼンテーション能力
4) 先端的な学際研究を開拓するために必要な自立性
Aim
To develop abilities in understanding politics, economics, law and education from a social scientific approach and with a Japanese sociocultural and historical background.
We aim to send our graduates into society with a global perspective and deep understanding of social sciences from a Japanese sociocultural viewpoint. Our program trains our graduates to become highly skilled professionals, educators and researchers with a global mind.

Degree granted: Ph.D. in Social Sciences

This program trains students in 1) language skills, 2) presentations skills, writing research papers that can qualify to be published at international conferences and international journals and abilities to independently conduct advanced research.