HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
国際日本研究専攻とは
HOME > 国際日本研究専攻とは > 日本語教育学プログラム - 後期
日本語教育学プログラム - 後期

日本語教育学プログラム - 後期


【人材養成目的】 グローバル化する社会の中で、国際的・比較的な視野のもとに、日本語教育を掘り下げて研究・教育する能力をもち、その成果を広く国内・海外に発信できる能力を有し、日本語教育分野の専門的学識を備え、世界で活躍する教育者・研究者と高度専門職業人の養成を目的とする。

【修得すべき知識・能力】 
グローバルな視点から日本語教育領域を掘り下げて研究できる能力、また関連の専門的な学識を世界に向けて発信する研究・教育能力と高度な専門能力。


【学位授与の方針】
○言語習得、教材開発、評価、会話分析など日本語教育の視点から、日本文化・社会など諸分野において、その実像と特質を解明する能力
○学際的な視点から日本語教育研究に関する新分野の開拓に貢献できる能力

後期課程
1) 国際水準の学術誌等へ投稿し受理される論文作成能力
2) 国際学術誌に採用されうる論文を執筆できる語学能力
3) 国際学会等で通用する外国語及び日本語での学術コミュニケーション・プレゼンテーション能力
4) 先端的な学際研究を開拓するために必要な自立性

[Goals for Human Resource Development]

Within a globalized society, we aim to develop educators, researchers, and high-level experts prepared with specialized knowledge in Japanese language pedagogy who are capable of deeply probing issues in the field from an international and comparative perspective in their research and pedagogical activities. We also expect that they will be able to be active on the global stage by contributing the results of their efforts both in Japan and abroad.

 

[Necessary Knowledge and Skills]

The ability to probe deeply and research from a global perspective issues in the area of Japanese language pedagogy. Also, the ability to conduct high-level research and pedagogical activities in order to contribute relevant specialized academic knowledge on the global stage.

 

[Policy on Degree Conferral]

The ability to lay bare the reality and properties of issues in Japanese language pedagogy from perspectives such as language acquisition, materials development, assessment, conversation and discourse analysis, and within various domains such as Japanese culture and society.

 

The ability to contribute from a multidisciplinary perspective to the pioneering of new fields related to Japanese language pedagogy.

 

Doctoral Program

1) Ability to write articles of the quality to be submitted for publication in international journals

2) Linguistic ability requisite to have articles accepted for publication in international academic journals

3) Ability in Japanese and other languages sufficient to communicate and make presentations at international academic conferences

4) Independence sufficient for pioneering cutting edge academic research