HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究とは 教員 入試 博士論文 研究・刊行物 連絡先
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
博士後期課程
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
教員
入試
日本語
English
博士論文
研究・刊行物
 
国際日本研究とは
HOME > 国際日本研究とは > 日本語教師養成プログラム

日本語教師養成プログラム

国際日本研究学位プログラムでは、学生が人文社会科学研究群の修了要件(博士前期/修士)を満たし、国際日本研究学位プログラムにおいて開設する以下の科目を取得して定める要件を満たした場合に、人文社会科学研究群より「日本語教師養成プログラム修了証明書」を交付する制度を設けています。履修者の国籍は多岐にわたっており、他学位プログラムから履修を試みる学生も毎年いますし、博士後期課程の学生が履修することもあります。そのため、例年10名前後に対して修了証明書を交付しています。
なお、履修にあたっては、学生が履修を申請した年度の履修要件が適用されますので、申請年度の本学位プログラムの履修要件表を確認してください(下記も参照)。

1.国際日本研究学位プログラム(前期課程)所属学生が受講する場合
・「日本語教育原論」「日本語教育評価法」(計2単位)を取得していること。
・修士論文のテーマが日本語または日本語教育等に関するものであること。
・「日本語教育実践研究1」「日本語教育実践研究2」「日本語教育実践研究3」の中から2科目(計6単位)を取得していること。
・日本語教育学領域の専門基礎科目および専門科目から6単位を取得していること。

2.人文社会科学研究群の他の学位プログラムに所属する学生が受講する場合
受講を希望する場合は、春Aモジュール開始後3週目の「日本語教育原論」(水曜5限)までに本プログラムのコーディネーター教員に連絡し、許可を得てから申請すること。受講を認められた者は、
・「日本語教育原論」「日本語教育評価法」(計2単位)を取得していること。
・「日本語教育実践研究1」または「日本語教育実践研究3」から1科目(3単位)を選択し、取得していること。
・日本語教育学領域の専門基礎科目および専門科目から計7単位を取得していること。
・受講に関して、あらかじめ必ず所属学位プログラムの指導教員の了承を得ておかなければならないこと。