HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
構成員
HOME > 構成員 > 教員
教員

潘 亮 Pan Liang





研究領域

戦後日本外交、現代日本政治外交史、日本の国連政策、戦後日米関係史


Postwar Japanese Foreign Policy, Modern Japanese Diplomatic History, Japanese Relations with the United Nations, History of Postwar Japan-US Relations



研究キーワード:
近現代日本外交 (Modern Japanese Foreign Relations)、冷戦期日本外交 (Japanese Foreign Relations in the Cold War Era)、日米中関係 (Japanese-Sino-American Relationship)、日本の国連政策 (Japanese Relations with the United Nations)

受験生へのメッセージ:
前期課程: 好きな分野での勉強に専念でき、時間をかけて多くの問題を思索する機会にも恵まれている。大学院の魅力はここにある。ただ、この魅力の「賞味期限」は二年のみとなっており、次のステージへ向けて速やかに行動をとることが大事である。

後期課程:後期課程は学生時代の「後期」であると同時に、学問のプロとしての「準備期」にもあたることを忘れずに、頑張ってもらいたい。