HOME
国際日本研究
HOMEサイトマップ
国際日本研究専攻とは 構成員 入試 教育・研究センター 国際交流 研究・刊行物
国際日本研究専攻とは
特色
博士前期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
博士後期課程
国際日本人文科学学位プログラム
国際日本社会科学学位プログラム
日本語教育学学位プログラム
国際日本複合研究学位プログラム
シラバス・講義時間割
連絡先
イベント用カレンダー
ニュースレター・アーカイブ
構成員
教員
職員
大学院生紹介
入試
入試
受験資格
年間スケジュール
Q&A
願書
教育・研究センター
研究・刊行物
リンク
大学中央図書館
 
構成員
HOME > 構成員 > 教員
教員

ブッシュネル ケード コンラン Bushnell Cade Conlan





研究領域

エスノメソドロジー、会話分析、状況的学習論、日本語教育学


Ethnomethodological studies, Conversation analysis, Situated learning, Japanese language education



研究キーワード:
1.グループにおける参加・学習、および(第2)言語社会化
2.ランゲージ・プレイや笑い
3.相互行為におけるアイデンティティ
4.会話分析、成員カテゴリー化分析の研究
5.状況的学習理論・社会文化理論を通して見る第2言語学習

受験生へのメッセージ:
前期課程:第2言語学習というのは、教室に限定されたものではなく、学習者の日常生活の一部であり、人間関係や日常的な活動と不可分的な関係にあるといえる。この「生活・活動の中での第2言語学習」を、前期課程のみなさんと一緒に探求して行きたい。

後期課程: 後期課程では、前期の時に得た知識を土台として、「プロの研究者として飛び立つ自分」ということを意識しながら、自律的に、そして意欲的・積極的に自分の研究課題を極めて行く。このプロセスがうまく行くように、後援していきたい。