HOME > ニュースレター・アーカイブ > ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について ―クオリティライフとは何か― 国際シンポジウム 筑波大学大学会館国際会議室 2015年1月23日
ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について ―クオリティライフとは何か― 国際シンポジウム 筑波大学大学会館国際会議室 2015年1月23日
4:31 PM | 個別ページ

REPJPoster.jpg

ポスターのダウンロードはこちらから
REPJ.pdf

ロボット倫理及び現代社会における「心身論」の可能性について
―クオリティライフとは何か―
国際シンポジウム
会場:筑波大学 大学会館国際会議室(茨城県つくば市天王台1-1-1)
日時: 2015年1月23日(金)
入場無料、日英同時通訳付き
9:45-10:15  基調講演
         永田 恭介教授(筑波大学 学長)
開会挨拶
佐藤 貢悦教授(筑波大学国際日本研究専攻 専攻長)
モニカ ゾーマ参事官(ドイツ大使館)
松村 明教授(筑波大学副学長)
10:15-12:15   第1セッション:ロボット倫理及び心身論に基づく価値創発の可能性 
         プレナリー講演:仲田 誠教授(筑波大学)
山海 嘉之教授(筑波大学)
ラファエル・カプーロ教授(国際情報倫理学研究センター センター長)
佐藤 貢悦教授(筑波大学)
ディスカッション(30分)
         司会:マルティン・ポール准教授(筑波大学)
12:15 – 13:00  ランチ
13:00 – 14:20  第2セッション:ロボット倫理と公的機関の役割 
ドイツの視点から:ユルゲン・ゴーデ教授(ドイツ政府顧問、ドイツ高齢者介
日本の視点から:苧谷 秀信審議官(厚生労働省
ディスカッション(30分)
護評議委員会議長)
         司会:辻中 豊教授(筑波大学ICR機構 機構長)
14:50 – 16:30  第3セッション:ロボット倫理:産業・企業の視点から
マルティン・ポール准教授(筑波大学)
清澤 芳秀取締役(ハーモニックドライブシステムズ)
ライナー・ビショッフ技術開発部長(KUKAロボット有限会社)
アンドレアス・ブレイ代表取締役(Metra Labs有限会社)
ディスカッション(30分)
         司会:福原 直樹教授(筑波大学)
16:45 – 17:30  総括・パネルディスカッション
司会:福原 直樹教授(筑波大学)
17:30     閉会挨拶
阿江 通良教授(筑波大学 副学長)
18:00 – 20:00  フリードリヒ・エーベルト財団歓迎会

シンポジウムに関する問い合わせ先:roboethics@japan-germany.org

最近の記事
2022年6月9日 [イベント] シンポジウム「観光日本語と日本語教育」(6/29 ハイブリッド開催)
2022年6月6日 [お知らせ]江口真規先生が2022年度日本比較文化学会奨励賞を受賞されました。
2022年5月19日 [発表募集 6/24〆切] シンポジウム「未来志向の日本語教育」(8月4日(木)14:00-18:00)を開催します
2022年5月17日 [お知らせ] 紀要『国際日本研究』15号原稿募集 / Call for Papers, JIAJS Vol.15
2022年5月11日 [お知らせ] 葛西太一准教授が構成教員として加わります(6月8日予定)
2022年4月28日 [公開] 今年度大学院入試の募集要項が公開されました
2022年4月21日 [お知らせ] 喜田川たまき助教が構成教員として加わりました(4月13日)
2022年4月6日 [お知らせ] 日本語教師養成プログラム・日本語教育実践研修プログラム のページを更新しました
2022年4月4日 [公開] 2022年度指定校推薦入試・募集要項を公開しました
2022年3月29日 [お知らせ] 生藤昌子准教授が転出されます(4月より)