HOME > ニュースレター・アーカイブ > ユルゲン・コッカ氏講演会「仕事と家族の関係はどう変わったのか。ドイツの歴史から考える」の案内(10月6日)
ユルゲン・コッカ氏講演会「仕事と家族の関係はどう変わったのか。ドイツの歴史から考える」の案内(10月6日)
1:33 PM | 個別ページ

10月6日(土)、本専攻の田中洋子教授が、本学東京キャンパスにて講演会を開催いたします。
国際歴史学会会長、ベルリン比較ヨーロッパ史研究所所長、ベルリン社会科学研究所所長を歴任された歴史学者である
ユルゲン・コッカ氏をお招きし、仕事と家族の関係の長期的変化を議論します。
ご関心がおありの方は、先着順となっておりますのでぜひご参加ください。

日本学術振興会科学研究費プロジェクト

ユルゲン・コッカ氏講演会
「仕事と家族の関係はどう変わったのか。ドイツの歴史から考える」

Prof. Dr. Dr.h.c.mult. Jurgen Kocka  (ベルリン・フンボルト大学国際労働史研究所)
国際歴史学会会長,ベルリン比較ヨーロッパ史研究所所長、ベルリン社会科学研究所所長を歴任した世界的な歴史学者が,仕事と家族の関係の長期的な変化について語る。

日時:  2018年10月6日(土)  14時?16時
場所:  筑波大学東京キャンパス( 丸ノ内線茗荷谷駅 出口1より徒歩5分) 119室

14時?15時  講演
15時?16時  コメントと質疑応答
      コメンテーター  姫岡とし子 (前 東京大学文学部教授・日本ドイツ学会理事長)

・参加費無料
・先着70名
・日独通訳 ( 筑波大学教授  相澤啓一)

主催:日本学術振興会科学研究費プロジェクト(研究代表者:田中洋子)
後援 : 日本ドイツ学会、筑波大学ボン・オフィス、筑波大学研究基盤支援プログラム、人文社会国際比較研究機構
協力 : フリードリヒ・エーベルト財団

問い合わせ先: tanaka.yoko.ft@u.tsukuba.ac.jp

講演会ポスター


最近の記事
2022年6月9日 [イベント] シンポジウム「観光日本語と日本語教育」(6/29 ハイブリッド開催)
2022年6月6日 [お知らせ]江口真規先生が2022年度日本比較文化学会奨励賞を受賞されました。
2022年5月19日 [発表募集 6/24〆切] シンポジウム「未来志向の日本語教育」(8月4日(木)14:00-18:00)を開催します
2022年5月17日 [お知らせ] 紀要『国際日本研究』15号原稿募集 / Call for Papers, JIAJS Vol.15
2022年5月11日 [お知らせ] 葛西太一准教授が構成教員として加わります(6月8日予定)
2022年4月28日 [公開] 今年度大学院入試の募集要項が公開されました
2022年4月21日 [お知らせ] 喜田川たまき助教が構成教員として加わりました(4月13日)
2022年4月6日 [お知らせ] 日本語教師養成プログラム・日本語教育実践研修プログラム のページを更新しました
2022年4月4日 [公開] 2022年度指定校推薦入試・募集要項を公開しました
2022年3月29日 [お知らせ] 生藤昌子准教授が転出されます(4月より)