国際日本研究 第9号 オンライン / 2017年3月 (ISSN 2189-2598)

全版 (PDF) (6.06 mb)

Website ONLINE 目次 JPEG File 170328.JPG



「2ちゃんねる」と「イルべ」電子掲示板を通してみた日韓のヘイトスピーチ現象

著者名:金 善映

Phases of Cultural Adjustment of East Asian Students: Intercultural Communication and Integration into American Culture

著者名:Anya HOMMADOVA

Health Insurance Politics of Japan in the 1940s and the 1950s: The Japan Medical Association and Policy Development

著者名:Takakazu YAMAGISHI

Bridging the Gap between Japanese and Foreign Communities through Communication and Critical Reflection

著者名:Paul CAPOBIANCO

カザフスタン人日本語教師の教育観形成 ─大学教師のライフストーリーから─

著者名:ショリナ ダリヤグル

Sociology of Waste in Christian Europe and Japan: Comparative Analysis of the Notion of Human Waste

著者名:Marta Elzbieta SZCZYGIEL

韓国語母語話者における日本語長母音の知覚と教育効果

著者名:大塚 香奈


国際日本研究 第9号 (印刷版)2017(平成29)年2月 (ISSN 2186-0564)

全版(PDF) (16.1 mb)

Website PRINT 目次 JPEG File 170328.JPG

国際文化組織と戦後初期の日中関係─ユネスコにおける中国の対日文教政策 1946~1952年─

著者名:潘 亮

“What We Want is to be Happy rather than Marrying”: Exploring Japanese Single Women’s Perceptions on Marriage, Childlessness and Being Single

著者名:Xiao LEI

地方自治体による SNS利活用の状況とその課題─つくば市民活動のひろばを事例として ─

著者名:大倉沙江・海後宗男

ピア・レスポンスにおける学習者の問題点指摘の構造─問題点指摘を開始する連鎖に着目して ─

著者名:吉 陽

企業城下町日立における自立指向型中小企業の産学官連携と海外事業展開─スターエンジニアリング社の取り組みを事例として ─

著者名:平沢照雄

第二言語としての日本語使用者同士のカテゴリー化実践─第三者言語接触場面の対称的なやりとりに注目して ─

著者名:赤羽優子

『待つ』と『ゴドーを待ちながら』の接点─文学作品における人間性 ─

著者名:エルデミール・アリ・ヴォルカン

Japan Studies at a Distance: Conducting Primary Research in Third-Party Countries

著者名:Ryan HARTLEY

〈情報〉を目標領域とする概念メタファー─メタファーの認定手順の提案とコーパスに基づく分析 ─

著者名:李文


国際日本研究 第8号 2016年3月(オンライン) (ISSN 2189-2598)

全版(PDF)(3.59mb)


Website ONLINE 目次 JPEG File 160304.jpg

サムスングループの形成と成長における日本からの影響 ─ 1938年から1987年までの期間を対象に ─

著者名:李 恵美

Balancing among Superpowers: Japan-Yugoslavia Relations during the Cold War

著者名:Jelena GLISIC

Undercurrents in the Silk Road: An Analysis of Sino-Japanese Strategic Competition in Central Asia

著者名:Tony Tai-Ting LIU

ロボットの普及に伴う人間性の空洞化への影響

著者名:梅田 悠太

授受表現における一人称の明示性について

著者名:Hyunju JU

キルギスにおけるJICAボランティア事業の成果と課題

著者名:ヌルマンベトヴァ アクベルメット

Academic and Social Challenges of Japanese Students during Cultural Adjustment to the Rural U.S.

著者名:Anya HOMMADOVA & Takanori MITA

文末に現れる接続助詞カラの機能

著者名:孫 思嬌

Teaching about Sex, Sexuality, and Gender While Minimizing Stereotypes: Collaborating with the Gender and LGBTQIA Center in the Classroom

著者名:Pamela L. RUNESTAD

日本語学習者の移動動詞「行く」「来る」の習得について ─ 中級レベルの日本語学習者と日本語母語話者の調査を通して ─

著者名:許 明子・小川 恭平


国際日本研究 第8号 2016年2月 (PRINT) (ISSN 2186-0564)

全版 (PDF) (3.93 mb)



Website PRINT 目次  JPEG File 160228.jpg     ■ 正誤表

妻へのインタビュー談話に表出する子育てスタンスの日米比較 (pp. 1-16)

著者名:井出 里咲子

Robotic Systems in Healthcare with Particular Reference to Innovation in the Fourth Industrial Revolution’─ An Ethical Challenge for Management ─ (pp. 17-33)

著者名:Martin POHL

Beyond 2015: Nihilism and Existentialist Rhetoric in Neon Genesis Evangelion (pp. 35-43)

著者名:Gabriel F. Y. TSANG

第二次世界大戦とホロコーストの記憶、その継続性と変化 ─ ヨーロッパそしてイギリスにおける歴史教育について ─ (pp. 45-54) 著者名: 柴田 政子

著者名:柴田 政子

A Japanese Local Community in the Aftermath of the Nuclear Accident: Exploring Mothers’ Perspectives and Mechanisms for Dealing with Low-dose Radiation Exposure (pp. 55-76)

著者名:Natalia NOVIKOVA

戦後日本における輸出電球メーカーの地方展開 ─ 押野電気製作所・押野弘氏に聞く─ (pp. 77-92)

著者名:平沢 照雄

日本オリジナルの人文社会系キーワード (p. 93-108)

著者名:津城 寛文

Identifying the “Fukushima Effect”: Assessing Japanese Mass Media Coverage of International Nuclear Power Decisions (pp. 109-124)

著者名:Manuela HARTWIG, Sae OKURA, Leslie TKACH-KAWASAKI & Yohei KOBASHI


国際日本研究 第7号 2015年3月(オンライン) (ISSN 2189-2598)

全版(PDF) (4.6 mb)

論文

 Cade BUSHNELL           p. 137

Gaikokujin ja Arimasen (I'm Not a Foreigner):

An Analysis of the Interactive Construction and Contestation of Being a Foreigner in Japan

             p. 153

日本における「新しい」パブリック・ディプロマシーの挑戦とその限界

─ 民主党政権におけるパブリック・ディプロマシーの方向性とその転換を中心に─

 大倉沙江            p. 167

障害者福祉政策の政策決定過程における障害者団体の動向─自公政権下における

障害者自立支援法の成立とその修正の過程を事例として─

   Marcelo Daisuke YAMAKI              p.  183

Perceptions of a Japanese Company Outside Japan: A Case Study of Belonging and Antagonism in a Multicultural Workplace in Brazil

   Liliana GRANDJA PEREIRA DE MORAIS           p. 201

Two Japanese Women Ceramists in Brazil: Identity, Culture and Representation

   Akbermet NURMANBETOVA            p. 213

発展途上国の地域開発に向けた日本の支援活動に関する研究

─ キルギス共和国における一村一品運動を事例に─

   魏娜           p.  229

中国語系学習者による日本語の漢字語彙の音声情報の利用について

─ 上級・中級・初級の比較─

研究ノート

 Matthias HENNINGS & Scott MINTZ            p. 241

Japan's Measures to Attract International Students and the Impact of Student Mobility

on the Labor Market  

■    刘 ?       p. 253

アドボカシー活動による市民社会組織の参加と制度化

─ 日本、アメリカ、中国を例に

Gaikokujin ja Arimasen (I'm Not a Foreigner): An Analysis of the Interactive Construction and Contestation of Being a Foreigner in Japan

著者名:Cade BUSHNELL

日本における「新しい」パブリック・ディプロマシーの挑戦とその限界 ─ 民主党政権におけるパブリック・ディプロマシーの方向性とその転換を中心に─

著者名:李娉澤

障害者福祉政策の政策決定過程における障害者団体の動向─自公政権下における 障害者自立支援法の成立とその修正の過程を事例として─

著者名:大倉沙江

Perceptions of a Japanese Company Outside Japan: A Case Study of Belonging and Antagonism in a Multicultural Workplace in Brazil

著者名:Marcelo Daisuke YAMAKI

Two Japanese Women Ceramists in Brazil: Identity, Culture and Representation

著者名:Liliana GRANDJA PEREIRA DE MORAIS

発展途上国の地域開発に向けた日本の支援活動に関する研究 ─ キルギス共和国における一村一品運動を事例に─

著者名:Akbermet NURMANBETOVA

中国語系学習者による日本語の漢字語彙の音声情報の利用について ─ 上級・中級・初級の比較─

著者名:魏娜

Japan's Measures to Attract International Students and the Impact of Student Mobility on the Labor Market

著者名:Matthias HENNINGS & Scott MINTZ

アドボカシー活動による市民社会組織の参加と制度化 ─ 日本、アメリカ、中国を例に

著者名:刘 维


国際日本研究 第7号 2015年3月(PRINT) (ISSN 2186-0564)

全判(PDF)(13.68 mb)


論文

 平山 朝治  

    日本国憲法の平和主義と、安全保障戦略 (pp. 1-25)

Martin POHL  

    A Comparison of Websites by Robot Manufacturers in Germany and Japan:

"The Ethical Relationship Between 'Robot' and 'Human Body' as a Management Challenge" (pp. 27-45)

 今泉 容子  

    白蛇伝映画における女の表象 日本文化圏での開花 ― (pp. 47-62)

 西中 研二  

    高麗・朝鮮時代の僧軍と花郎道精神について (pp. 63-77)

  国玲  

  「改善要求発話」の構成要素に関する日中対照 認知言語学的アプローチから ― (pp. 79-96)

  金博  

    論説文の文脈展開における接続表現[しかし」と「そこで」の遠隔共起 (pp. 97-110)

研究ノート

  Kenichi ISHII, Muneo KAIGO, Leslie TKACH-KAWASAKI & Anya HOMMADOVA  

    Assessing American Attitudes Toward East Asian Countries (pp. 111-120)

  海後 宗男、大倉 沙江、李 菁菁、林 静芝とSTUBIC´ Neven  

    大学生における政治家の知名度 情報飽和時代の偏重の影響 ― (pp. 121-128)

  津田 香織、今井 新悟  

    当為を表すつの形式の意味・語用論的差異について コーパスによる検証 (pp. 129-135)

 


日本国憲法の平和主義と、安全保障戦略 (pp. 1-25)

著者名:平山 朝治

A Comparison of Websites by Robot Manufacturers in Germany and Japan: “The Ethical Relationship Between ‘Robot’ and ‘Human Body’ as a Management Challenge” (pp. 27-45)

著者名:Martin POHL

白蛇伝映画における女の表象 ― 日本文化圏での開花 ― (pp. 47-62)

著者名:今泉 容子

高麗・朝鮮時代の僧軍と花郎道精神について (pp. 63-77)

著者名:西中 研二

「改善要求発話」の構成要素に関する日中対照 ― 認知言語学的アプローチから ― (pp. 79-96)

著者名:李 国玲

論説文の文脈展開における接続表現[しかし」と「そこで」の遠隔共起 (pp. 97-110)

著者名:王 金博

Assessing American Attitudes Toward East Asian Countries (pp. 111-120)

著者名:Kenichi ISHII, Muneo KAIGO, Leslie TKACH-KAWASAKI & Anya HOMMADOVA

大学生における政治家の知名度 ― 情報飽和時代の偏重の影響 ― (pp. 121-128)

著者名:海後 宗男、大倉 沙江、李 菁菁、林 静芝とSTUBIC Neven

当為を表す4つの形式の意味・語用論的差異について ― コーパスによる検証 ― (pp. 129-135)

著者名:津田 香織、今井 新悟




| 最新の論文 | 2017年 | 2016年 | 2015年 |



Pagetop

Journal of International and Advanced Japanese Studies
国際日本研究

Master's and Doctoral Program in International and Advanced Japanese Studies
Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba
筑波大学大学院 人文社会科学研究科国際日本研究専攻

© 2012 Journal of International and Advanced Japanese Studies, University of Tsukuba